ミラノの最後の晩餐を鑑賞するにはどうすれば...

  • 2013.01.29 Tuesday
  • 08:12
イタリアミラノにある最後の晩餐を鑑賞するにはどうすれば良いでしょうか。
ミケランジェロの作品である「最後の晩餐」は、ミラノの
サンタマリアデラグラーチェ教会にあります。
 完全予約制で事前にチケットを買って行かないと
ほぼ見る事ができません。
 イタリアは、そんなにきっちりとしていないので
1人位当日でもと考えますが、全く駄目です。
世界中から見るために集まってくるわけですから取って
おかないとだめです。
 ヨーロッパ在住の日本の方からも「イタリアの旅」に
申し込まれるほどです。
 必ず見るには、鑑賞券を予約されるか、シティツアーと言う
市内観光の中で最後の晩餐を鑑賞するツアーのどちらかに
申し込まれる必要があります。
 鑑賞券は、2か月前からの販売となりますが、これからの
春の観光シーズンとかゴールデンウィークとかかなり混みますのでお早めに
予約を入れてみてください。
 もともと月曜日は、休館日となっています。
 お申込、お問い合わせは、イタリアの旅までしてください。 
 イタリアのホテルは、世界のホテルでお得なホテルを予約できます。

イタリアの美術館鑑賞券を並ばずに確実に鑑賞するには

  • 2013.01.22 Tuesday
  • 23:04
イタリアの美術館鑑賞券を予約確保するには ヨーロッパの旅の楽しみの一つに美術館の鑑賞がありますね。 フランスだとルーブル美術館、イギリスだと大英博物館、イタリアだとローマのバチカン美術館、フィレンツェのウフッツイ美術館 、ミラノの最後の晩餐、ベネチアのアカデミア美術館等、いっぱいあります。 オランダ、ベルギーにもあります。 その中で唯一予約をしないと見られないのが「ミラノの最後の晩餐」です。これは事前にチケットを予約しておかないとどうにもなりません。他の美術館は並べば何とかなります。イタリアのバチカンでもウフィツイでも、普通まあ2時間も並べば何とかなります。 最後の晩餐は、何ともなりません。 img_bansan.jpg 是非、事前に予約をして行ってください。 以前は、当日のキャンセルがあれば何とか見られたとか、日本から来たと言えば何とかなったと言うお話もありましたが、今はほとんど期待薄です。以前は、出来たと聞いたのですが、最近はまったく聞きません。 館内での写真撮影もできなくなりました。 下記のイタリアの旅とかヨーロッパの旅とかに頼まれるのが一番簡単で確かです。 ご自身で取られても良いのですが、イタリアの対応はきめ細かくありません。 私も何度か取ろうと挑戦するのですが、つながらなかったり、メールを送ると宛先不明で戻ってきたり、わけの分からないメッセージが出たりと中々うまく動作しません。 電話も原因は分かりませんが、つながらないことが多々あります。スカイプはうまくつながるのが不思議です。 イタリアの旅とかヨーロッパの旅とかに頼まれるのが一番簡単で確かです。手数料分だけ高いですが、現地に事務所があり担当者がいますので、もし入場できない時とかは、電話で確認ができます。 日本の窓口は、03-6459-0257 イタリアの旅です。 メールは、desk@europenotabi.com です。 logo_1.png Hotel_banner.jpg ホテルなら海外ホテルの予約のagodaアゴダで検索してください。

ミラノの最後の晩餐鑑賞予約について

  • 2013.01.19 Saturday
  • 15:01





ミラノの最後の晩餐鑑賞予約について 最後の晩餐は予約なしにはまず見学不可能です。
しかも予約時間に遅れても入場することはできません。
出口のドアから前の入場者が全員出たら、入場ドアが開きその時間の25人が入るという
仕組みです。
見学もきっちり15分なので、オーディオガイドも入場したらすぐにONにしましょう。



ミラノにある大きなクーポラを持つルネッサンス様式の教会「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ(Santa Maria delle Grazie)」にあるのが世界でもっとも有名なフレスコ画「最後の晩餐」です。教会内のドメニコ修道会食堂の北壁に描かれているレオナルド・ダ・ヴンチ傑作は息をのむほどの迫力です。

レオナルド・ダ・ヴィンチが1494年から1498年の間に描いた「最後の晩餐」は、それまでに使われていた伝統的な「フレスコ技法」と違い、「セッコ画」(乾いた石灰の壁に水彩で描く)という技法が用いられました。しかし破損の早いセッコ画技法では、フレスコが完成して数年後にはすでにフレスコ画の劣化が始まったといわれています。

今までに多くの修復が行われてきましたが、最新の科学的技法に基づいた修復が1999年に終わり、失った本来の色調が取り戻されました。再生したレオナルドの傑作「最後の晩餐」を保護するため、展示されている修道会の食堂には空気清浄機が設置され、1回15分ごとに25人だけを入れるなどの措置が講じられています。

イタリアの旅では、ミラノの最後の晩餐をほぼご希望通りに確保できています。
一度、お問合せ下さい。
 



  イタリアのホテルなら世界のホテルで検索、比較、予約が出来ます。

「最後の晩餐」鑑賞方法は

  • 2012.10.14 Sunday
  • 21:05
イタリアミラノにある最後の晩餐を鑑賞するにはどうすれば良いでしょうか。

ミケランジェロの作品である「最後の晩餐」は、ミラノのサンタマリアデラグラーチェ教会にあります。
完全予約制で事前にチケットを買って行かないとほぼ見る事ができません。
イタリアは、そんなにきっちりとしていないので1人位当日でもと考えますが、全く駄目です。
世界中から見るために集まってくるわけですから取っておかないとだめです。
ヨーロッパ在住の日本の方からも「イタリアの旅」にも申し込まれるほどです。
必ず見るには、鑑賞券を予約されるか、シティツアーと言う市内観光の中で最後の晩餐を鑑賞するツアーの
どちらかに申し込まれる必要があります。
鑑賞券は、2か月前からの販売となりますが、これからのクリスマス時期とか年末とかはいろいろと行事がある
関係で販売がない日があります。
もともと月曜日は、休館日となっています。
お申込、お問い合わせは、イタリアの旅までしてください。

イタリアのホテルは、世界のホテルでお得なホテルを予約できます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

【エクスペディア】ダイナミック海外ツアー

★ツアー特別割引★Expedia Japan【エクスペディア】ダイナミック海外ツアー

 

香港の人気ホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター

イーツアー

ホテル料金をお得に検索、比較、予約

海外ホテル予約の世界のホテル

Booking.com

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM